2020年05月01日

産卵木 割ってみた

去年の夏にセットしておいた、
コクワガタ産卵セットの確認をしました。
image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg

あまり大きくなってはいませんでしたが、
幼虫3匹を確認することが出来ました。
image7.png

硬い場所が安全と本能で向かうらしく、
芯に向かって進んでいました。
硬い芯を食べて太い顎のオスに
成ってくれたらうれしいです。
image8.png


小さすぎたので雌雄の判別はせずに、
もう暫く材飼育をしたいと思います。

材の栄養価は判りませんが元気に育つ事を期待して、
元に戻し埋め込みをしました。
image5.jpeg

image6.jpeg

プログラム「ホダ木の整備」でのホダ木から出会う、
自然の状態と同様の幼虫達です。
posted by かわうちさん at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

ミシンでダダだ!

家での待機の合間に、
家庭科で習ったミシンで、布からマスクを作りました。
Image1.jpg

Image2.jpg

私には出来ませんが、息子・娘が家族分作っています。
日々、増産中です!!!
通勤・勤務中に使います。ありがたいです。
Image3.jpg
posted by かわうちさん at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

産卵木の準備!

水を張りカルキ抜きの為、
1〜2時間天日干しをしてホダ木に加水します。
Image1.jpg


コナラ・クヌギのホダ木を用意します。
自然界の倒木を使用できれば良いのですが、
中に他の肉食幼虫等が入っている場合があるので、
我家では昆虫ショップにて購入しています。
Image2.jpg

早ければ、3時間程で全体に吸水され、
皮との境目がハッキリ判る様になります。
Image3.jpg

Image4.jpg


2日程陰干しをして、表皮を剥いていきます。
刃物を使用しますので手・指先に注意してください。
Image5.jpg


木の周りのオレンジの部分も剥がしてください。
表皮は、成虫の転倒防止用に使用しますので捨てないでください。
Image6.jpg

オレンジの部分は捨ててください。
Image7.jpg

Image8.jpg


本体をツルツルの状態になるまで綺麗にしてください。
Image9.jpg

爪の跡が付くくらいが程よいと言われますが、
クワガタが気に入るかがどうかが重要です。
Image10.jpg

Image11.jpg

水分が抜けきれていなかったら暫く、
日陰干しをしてください。
Image12.jpg

以前に用意して、マットに埋めていた物との比較です。
Image13.jpg

埋めておいてもアオカビが付いていたら全て剥ぎ取ってください。
Image14.jpg

Image15.jpg

皮を剥がしてから直ぐに、
ホダ木を交尾を済ませたメスに与える方法もありますが
私は、冬眠用に使用したマットに埋めてなじませてから
使用するようにしています。
これも、クワガタの好みなので、色々試してみてください。
Image16.jpg


そろそろ、ペアリングの時期を迎えますので準備の用意をしてください。頑張りましょう!!

posted by かわうちさん at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする