2020年04月30日

ミシンでダダだ!

家での待機の合間に、
家庭科で習ったミシンで、布からマスクを作りました。
Image1.jpg

Image2.jpg

私には出来ませんが、息子・娘が家族分作っています。
日々、増産中です!!!
通勤・勤務中に使います。ありがたいです。
Image3.jpg
posted by かわうちさん at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

産卵木の準備!

水を張りカルキ抜きの為、
1〜2時間天日干しをしてホダ木に加水します。
Image1.jpg


コナラ・クヌギのホダ木を用意します。
自然界の倒木を使用できれば良いのですが、
中に他の肉食幼虫等が入っている場合があるので、
我家では昆虫ショップにて購入しています。
Image2.jpg

早ければ、3時間程で全体に吸水され、
皮との境目がハッキリ判る様になります。
Image3.jpg

Image4.jpg


2日程陰干しをして、表皮を剥いていきます。
刃物を使用しますので手・指先に注意してください。
Image5.jpg


木の周りのオレンジの部分も剥がしてください。
表皮は、成虫の転倒防止用に使用しますので捨てないでください。
Image6.jpg

オレンジの部分は捨ててください。
Image7.jpg

Image8.jpg


本体をツルツルの状態になるまで綺麗にしてください。
Image9.jpg

爪の跡が付くくらいが程よいと言われますが、
クワガタが気に入るかがどうかが重要です。
Image10.jpg

Image11.jpg

水分が抜けきれていなかったら暫く、
日陰干しをしてください。
Image12.jpg

以前に用意して、マットに埋めていた物との比較です。
Image13.jpg

埋めておいてもアオカビが付いていたら全て剥ぎ取ってください。
Image14.jpg

Image15.jpg

皮を剥がしてから直ぐに、
ホダ木を交尾を済ませたメスに与える方法もありますが
私は、冬眠用に使用したマットに埋めてなじませてから
使用するようにしています。
これも、クワガタの好みなので、色々試してみてください。
Image16.jpg


そろそろ、ペアリングの時期を迎えますので準備の用意をしてください。頑張りましょう!!

posted by かわうちさん at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

おうちで昆虫たちと楽しく過ごそう

日本全国が、新型コロナウイルスの影響により混乱しておりますが
皆様、如何お過ごしでしょうか?
緊急事態宣言により、プログラムが7月まで中止になりとても残念です。


予定していましたプログラムについて、時間があれば家庭でしてみてください。
不要不急の外出自粛要請が出ていますので無理はしないでください。
家であるもので工夫して、昆虫達と仲良く過ごしてください。

我家のクワガタ達は4・7gと成長が止まっておりますが、
糞の掃除をして、マットの補充を行いました。
身体がまだ白みを帯びていますので、蛹までは時間がかかると思います。
1ヵ月キープします。
黄色味が濃くなって来ましたら最終のマット交換にしてください。
image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg


5月に予定していました、「春の生き物観察」について

森等での、生物を捕まえて観察するには、
100円ショップで売っている収納バックの
何種類かが1パックになっているものが便利だと思います。
チャックもついていますし、メモスペースもついています。


種類・場所・時間・天気・温度等、袋に記録が出来るので便利です。
昆虫採集には適していると個人的に思っています。
image5.jpeg

image6.jpeg

「やしろの森」では観察したら自然に戻してくださいね!!
他の場所でも、節度ある観察をお願いします。

5・6月に予定してました「幼虫の蛹化の準備をしよう」について

まずはカブト虫の蛹化観察の準備ですが、
1匹用として、軟質カードケース1枚とチップスターの小型を2個用意してください。
チップスターの中身は好きな種類をおやつとして食べてください。
image7.jpeg

image10.jpeg

カードケースはカッターで縁を切りカットして27cm×24cmを2枚作り筒にします。
image8.jpeg

image15.jpeg

image9.jpeg

筒を上下挟み込み、底は蓋をテープ止めして上は容器の底に空気穴をあけます。
image11.jpeg

image12.jpeg



底に巻くテープは末端を折返し、剥がす時にしやすいようにしておきます。
時期が合えば下の容器も外し、透明の筒だけの状態にもできます。
image13.jpeg


下の容器に筒を差し込み、中にマットを硬めに詰め込みます。
あまり強くすると、蓋を付けていますが底が破れますので注意してください。
image14.jpeg

image16.jpeg


詰め終わりましたら幼虫を入れて暫くしたら潜っていきますので確認してください。
今日の日付と内容を記入し貼り付けて上から容器をかぶせたら終了です。
image17.jpeg

image20.jpeg

上の容器は乗せているだけなので動きはフリーです。
下もテープを外せば筒だけの状態になります。
image18.jpeg


今回は、糞の量とかを確認する為、
4月に投入しましたが、例年であれば
5月の半ばくらいにセットしてくれれば良いと思います。
image21.jpeg

image22.jpeg

image19.jpeg

昨年は、容器を重ねただけで試作しましたが、
上手く蛹化・羽化してくれました。
急ごしらえの容器つくりでしたが
生命力にの素晴らしさに感激しました。
image23.jpeg

image24.jpeg

image25.jpeg

image27.jpeg

image28.jpeg

image26.jpeg

篩(ふるい)の種類ですが出来れば、3種類用意すると便利です。
100円ショップで売っていますが、最近では細目・粗目しか見かけません。
ホームセンターでは網目が1.5・.2.5・5.0の3種類がセットで売っていますので
こちらが嵩張らずに便利かと思います。網だけでも購入可能です。
細目は微粒マット作り・中目はクワガタ幼虫の糞・粗目はカブト幼虫の糞の
除去と使い分けてください。
image38.jpeg


人工蛹室の作製ですが100円ショップで
園芸用のスポンジ「オアシス」を使います。
image29.jpeg

大小作り、大は縦にしカブト虫用
小は横にしてクワガタ用にします。
image30.jpeg

カブトムシ用↓
image31.jpeg

image34.jpeg

クワガタ用↓
クワガタ用は少し傾斜をつけます。
スプーンで穴を掘り指で表面を滑らかにします。
image32.jpeg

image36.jpeg


全体を霧吹きで湿らせてください。
乾燥には気を付けてください。
image37.jpeg
posted by かわうちさん at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする