2019年08月17日

ヒラタクワガタ最終回

台風一過で蒸し返すような暑さですが、如何お過ごしでしょうか?
ミンミンゼミが鳴き出し夏の終わりを迎えようとしています。
Image1.jpg

Image2.jpg

Image3.jpg


昨年からのヒラタクワガタの
最終報告です。
 
小さい方は残念な結果になりました。
大きい方は中型のオスに成り
体長は46mmでした。

皆さんの家の
クワガタ達は如何でしょうか?
10月の報告会楽しみにしています。
 

今年もまたヒラタクワガタが産卵をしてくれました。
1匹ずつ個室で育成しております。
9月からのプログラムで皆さんに育ててもらおうと思います。
Image4.jpg

Image5.jpg

Image6.jpg

Image7.jpg



シロスジカミキリを近くの駅で捕獲しました。
生きている間は背中の紋が黄色です。
死ぬと紋が白くなります。図鑑で白・黄比べてみてください。
Image8.jpg

Image9.jpg



今年もカブト虫達は世代交代が進んでおります。
我家でも、森でも産卵を確認しておりますので、来年元気な成虫で
逢えることを期待します。
プログラムでもお話しましたが、
生まれたての卵は、楕円形ですが、孵化前になると
丸くなりますので観察しておいてください。
Image10.jpg

Image1.jpg
posted by かわうちさん at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

蛹化・羽化観察

22日のプログラムご参加有難うございました。
幼虫達は元気でしたので後一踏ん張り頑張ってください。
羽化不全の残念な結果もありましたが経験として記録しておいてください。

森飼育のカブト虫達は羽化を迎えております。
覗くと、26日の朝に羽化したオスはまだ羽が茶色で早く羽化したオスは
表面をウロウロし始めておりました。

Image1.jpg

Image2.jpg


今年、実験として蛹室を観察できないかと
考えて、ケースを探しましたが
思いつかず、簡単に解体できるものとして
紙質の容器のお菓子に気づきました。

Image3.jpg


幼虫の時期を見て、マットを入れ
解体すると希望通りに観察できました。

Image5.jpg

Image7.jpg

Image4.jpg

プラケースでは壁側に蛹室を作らなければ
観察できないので、一度、チャレンジして
観てください。

Image6.jpg

事務局に保管していますので
興味ある方はご覧ください。
posted by かわうちさん at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

世代交代

やしろの森の総会も無事終わり、梅雨入りが遅れておりますが
如何お過ごしでしょうか?
森も、我家も世代交代がいよいよ加速してまいりました。

母屋のカブトムシケースでは
蛹化が始まっております。
オス・メス確認できますので
事務局に申し出てから
観察してください。
勝手には触らないようにしてください。

Image8.jpg

Image10.jpg

Image11.jpg


写真写り悪いですが、コクワガタのメスの産卵と埋戻しの写真が撮れました。
ホダ木を齧って卵を産み付け穴を木屑で埋めております。
Image12.jpg

Image13.jpg

コカブト虫も今年も森での採取した成虫が交尾をし産卵してくれました。
卵6・幼虫3確認できました。まだまだ産んでくれると思いますので羽化させ森へ戻そうと思います。



Image14.jpg

Image16.jpg

Image15.jpg


ヒラタクワガタも産卵を確認できました。卵4確認しております。
秋に、プログラム「幼虫を育てよう」に利用しようと思います。

6月22日のプログラムで観察出来れば良いと思っています

posted by かわうちさん at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする